Q&A

よくある質問

中古物件所有の方

Q.再建不能物件も収益物件にできますか?

実際に再建不能の持ち物件をリフォームして、現在は収益物件として成功されている会員様は多くいらっしゃいます。安価なリフォームでも収益物件に変える事が出来るノウハウがありますので、是非ご相談ください。

Q.築古物件の入居者リスクはないですか?

入居者は、いろいろな物件を見て総合的に判断します。戸建の場合マンションより供給が少ないので希少価値があり、尚且つリフォームで差別化するので多くの入居者の満足度は高いです。

Q.入居者はどのように付けるのですか?

近隣賃貸不動産業者との連携で優先案内してもらう為のさまざま施策を取ります。具体的には家賃・入居条件・設備など総合的に差別化し、入居者・賃貸業者にとって喜ばれる物件づくりをします。


基本的に、古家物件調査依頼の費用は無料でございます。
弊社が紹介した大家様との売買が成約した際に料金を頂戴しております。


もちろん現地調査は可能です。
現地調査は、弊社のスタッフと古家再生士(認定工務店)との現場調査及び打ち合わせとなります。
※地域によっては一部有料となります。ご了承下さいませ。


耐震問題は2つあります。

(1)リフォームで対応出来る物件。
当社の物件調査は、その道の専門委員がしっかりと現地調査を行います。 当社の経験からだと、ある程度の物件はリフォームで対応することが出来ます。 天災で崩壊する程の被害を想定する場合は、古家物件に限らず、どの戸建てでもリスクがあるとお考えください。
※詳しい話が聞きたい方は、協議会まで問い合わせ下さいませ。
(2)リフォームで対応出来ない物件。
物件調査の依頼には、リフォームではどうにも対応出来ないボロボロ物件もございます。 そのような物件は始めから購入しません。 当社の物件購入の選択基準は「家賃がとれる」・「高利回り」・「客付が出来る」。つまり、古家投資の成功の要素があることが絶対条件です。

投資の勝算もなく安全性も約束出来ない古家投資物件はご紹介しません。ご安心下さい。


家物件の売買は対応エリアが決まっております。詳しくは、お問い合わせください。


月に1度、第3の日曜日に当社が主催致します、古家不動産投資の特別勉強会を開催します。特別勉強会では、古家物件を見学するツアーを行います。
特別勉強会は毎回、定員がオーバーする為、申し込みはお早めにお願い致します。


基本は「古家再生投資プランナー」じゃないと不動産の売買を交わすことは出来ません。古家再生投資プランナーの前に、協議会の「無料会員」であることが絶対条件です。


不動産オーナーになられましたら、入居者が退去するまでしっかり管理する義務が始まります。

【入居後の大家業としての管理業務を2つご紹介】
(1)自主管理
ご自身で大家業を管理運営をします。主な業務として、「クレーム対応」・「家賃回収」・「入退去の手続き」こちらの3点です。当社ではまったく初めて大家業をする方の為に、定期的な古家大家の勉強会を開催します。参加者は、初めて大家の方からベテラン大家までいらっしゃいます。講義や意見交換の場を設け、ご自身の大家としてのスキルアップに繋げてもらいます。

(2)委託管理
当社では、築古不動産専門の管理会社との提携があります。大家業としての管理業務を一任する事も可能です。初めて不動産投資をされる方でも、安心して大家業をお勤めして頂く体制が当協会には整っております


リフォーム後の入居率は100%の実績がございます。それは、過去の経験から築き上げた独自の支援サービスだからです。私達が家主様(会員)と賃貸不動産業者の間に入り、入居者が付くまで業者の営業活動をサポート。協議会の独自の支援サービスには、3つの特徴がございます。

(1)近隣調査
当社では、リフォーム前から市場調査やネット調査でその地域を分析し、相場に見合う家賃を設定します。厳しく言うと家賃設定が出来ない物件は、築古不動産投資に該当しないと判断します。まずは家賃設定が出来るかが絶対条件です。

(2)協議会の「オリジナルのマイソク」
マイソクとは物件の案内の募集資料です。ご自身の自宅を探された時に、白黒の資料を見ながら不動産屋業者とお話しされた事はございませんか?物件のイメージがはっきりせずに、不動産業者へ質問をたくさんされた記憶もあるかと思います。当社のマイソクは、間取りと賃貸条件だけを記載している資料ではなく、カラー写真を多用し、物件の情報が細部までしっかり記載されています。特徴は、誰が見ても物件のイメージがすぐに出来る、オリジナルのマイソクです。

(3)賃貸業者への営業支援サポート
近隣調査の情報とオリジナルのマイソクを基に賃貸不動産業者へ営業のサポートします。入居者にとっては「家賃は想定内で家もオシャレで雰囲気が良い」。入居者が望んでいる条件を理解した上で営業サポートを進めているので、必然的に入居者は付くようになっていくのです。これらの3つの特徴から、協議会の現在の入居率は100%を維持しております。また、リフォーム後の入居者が決まる期間は1ヶ月~3ヶ月後が平均と出ております。


実際に再建不能の持ち物件をリフォームして、現在は収益物件として成功されている会員様は多くいらっしゃいます。協議会では相続した物件がボロボロでお困りの方も、持ち物件が再建不能で経費倒れに悩む方も、独創的なリフォームによって問題を解決してきました。それは、単にリフォーム費用を安くするだけでなく、家主様の収益と入居者の満足度を追求し続けた結果、安価なリフォームでも収益物件に変える事が出来るノウハウが生まれたのです。

再建不能と判断された大家様は、是非一度ご相談下さいませ。


当社のリフォーム費用は、利回りを追求し家賃の逆算から算出します。例えば「利回り15%で家賃¥50,000」を設定すれば、その条件に合うようにリフォーム費用を調整するのです。その¥50,000が適正であるかは、事前調査で物件のエリアデータを分析し地域の相場家賃を把握しているので、間違いございません。


入居者の為のリフォームとは、たとえ収益物件にしても入居者がつかなければ意味がありません。当社のリフォームは、入居者の満足を追及したリフォームです。古さを生かし「塗装」をメインとした独創的な空間を演出します。入居者は、「マンションより広くて出来れば家賃も安く・・・」のような期待を持って、古家を探される方が多くいらっしゃいます。その期待に加えて、独創的な古家空間を体験されたら「古い家でもこんなにオシャレなんだ」と、入居者様の気持ちが満たされます。


大丈夫です。そういった物件の事例は数多くあります。あきらめずにご相談を頂ければ収益化出来るのか?出来ないのか?を査定致します。


入居者は、いろいろな物件を見て総合的に判断します。戸建の場合マンションより供給が少ないので希少価値があり、尚且つリフォームで差別化するので多くの入居者の満足度は高いです。


相場の家賃を調査し、かけられる予算の中で入居・収益を考えさまざまな事を検討します。戸建については、同じものが無い為どこかに差別化要因や特色を出すことが出来ます。


近隣賃貸不動産業者との連携で優先案内してもらう為のさまざま施策を取ります。具体的には家賃・入居条件・設備など総合的に差別化し、入居者・賃貸業者にとって喜ばれる物件づくりをします。


資産運用は可能ですが、当社の強みである古家再生が無いのでメリットはうすくなります。


物件現地調査は無料で調査させていただきます。
現在の対応地区は、東海3県となっております。詳しくはお問い合わせください。

収益物件をお探しの方

Q.古家物件の見学は出来ますか?

月に1度、第3日曜日に当社が主催する、古家不動産投資の特別勉強会を開催しております。特別勉強会では、古家物件を見学するツアーを行います。
特別勉強会は毎回、定員がオーバーすることも多いため、お申込みはお早めにお願い致します。お申込みは、専用申し込みフォームをご利用ください。

Q.物件購入から入居の期間は?

物件を購入してから入居希望者が入居するまでの期間は、実績で言うと1ヵ月から3ヵ月です。長くても半年程です。また、早い場合は、1週間で入居もしくは、リフォーム工事中に入居が確定する場合もございます。
地域の不動産会社様との強いパイプで連携しておこなっていますので、入居期間も比較的早いのが特徴です、オーナー様からも満足のお言葉も頂いております。

Q.大家業は素人ですが大丈夫?

当社の古家(空き家)不動産投資は、大家業を全く行ったことが無い素人の方でも安心して築古不動産投資を学べるように、月に1回『古家(空き家)投資説明会』を開催しています。まずはこちらで、協議会の活動内容と築古不動産投資の『い・ろ・は』を学ぶ事が可能です。アフターサポートも行いますのでまずは、古家(空き家)投資ツアーにご参加ください。


「雨漏りや傾き」も十分にございます。
また、一般公開する前の非公開物件もございます。全てが「当り物件」とは限りません。しかし、当会が紹介する物件は「期待できる」と思って頂いて大丈夫です。


耐震問題は2つあります。

(1)リフォームで対応出来る物件。
当会の物件調査は、その道の専門委員がしっかりと現地調査を行います。 当会の経験からだと、ある程度の物件はリフォームで対応することが出来ます。 天災で崩壊する程の被害を想定する場合は、古家物件に限らず、どの戸建てでもリスクがあるとお考えください。
※詳しい話が聞きたい方は、協議会まで問い合わせ下さいませ。

(2)リフォームで対応出来ない物件。
物件調査の依頼には、リフォームではどうにも対応出来ないボロボロ物件もございます。 そのような物件は始めから購入しません。 当会の物件購入の選択基準は「家賃がとれる」・「高利回り」・「客付が出来る」。つまり、古家投資の成功の要素があることが絶対条件です。

投資の勝算もなく安全性も約束出来ない古家投資物件はご紹介しません。ご安心下さい。


古家物件の売買は対応エリアが決まっております。詳しくはお問い合わせください。


月に1度、第3の日曜日に当会が主催します、古家不動産投資の特別勉強会を開催します。特別勉強会では、古家物件を見学するツアーを行います。
特別勉強会は毎回、定員がオーバーする為、申し込みはお早めにお願い致します。


当会からの物件情報は3つの物件がございます。

(1)ボロボロ物件
→何を手掛けていない本物のボロボロ物件です。
「リフォーム」・「入居付け」・「賃貸契約」が必要です。

(2)リフォーム済物件
→すでにリフォームは済んでおり、「入居者付け」と「賃貸契約」が必要です。

(3)入居者付け物件(オーナーチェンジ)
→ 「リフォーム」・「入居者」が付いている物件。「賃貸契約」が必要です。


不動産オーナーになられましたら、入居者が退去するまでしっかり管理する義務が始まります。

【入居後の大家業としての管理業務を2つご紹介】
(1)自主管理
ご自身で大家業を管理運営をします。主な業務として、「クレーム対応」・「家賃回収」・「入退去の手続き」こちらの3点です。当会ではまったく初めて大家業をする方の為に、定期的な古家大家の勉強会を開催します。参加者は、初めて大家の方からベテラン大家までいらっしゃいます。講義や意見交換の場を設け、ご自身の大家としてのスキルアップに繋げてもらいます。

(2)委託管理
当会では、築古不動産専門の管理会社との提携があります。大家業としての管理業務を一任する事も可能です。初めて不動産投資をされる方でも、安心して大家業をお勤めして頂く体制が当協会には整っております。


当会では、リフォーム後の入居率は100%の実績がございます。それは、過去の経験から築き上げた独自の支援サービスです。私達が家主様(会員)と賃貸不動産業者の間に入り、入居者が付くまで業者の営業活動をサポート。当会の独自の支援サービスには、3つの特徴がございます。

(1)近隣調査
当会では、リフォーム前から市場調査やネット調査でその地域を分析し、相場に見合う家賃を設定します。厳しく言うと家賃設定が出来ない物件は、築古不動産投資に該当しないと判断します。まずは家賃設定が出来るかが絶対条件です。

(2)当会の「オリジナルのマイソク」
マイソクとは物件の案内の募集資料です。ご自身の自宅を探された時に、白黒の資料を見ながら不動産屋業者とお話しされた事はございませんか?物件のイメージがはっきりせずに、不動産業者へ質問をたくさんされた記憶もあるかと思います。当会のマイソクは、間取りと賃貸条件だけを記載している資料ではなく、カラー写真を多用し、物件の情報が細部までしっかり記載されています。特徴は、誰が見ても物件のイメージがすぐに出来る、オリジナルのマイソクです。

(3)賃貸業者への営業支援サポート 近隣調査の情報とオリジナルのマイソクを基に賃貸不動産業者へ営業のサポートします。入居者にとっては「家賃は想定内で家もオシャレで雰囲気が良い」。入居者が望んでいる条件を理解した上で営業サポートを進めているので、必然的に入居者は付くようになっていくのです。これらの3つの特徴から、当会の現在の入居率は100%を維持しております。また、リフォーム後の入居者が決まる期間は1ヶ月~3ヶ月後が平均と出ております。


当会のリフォーム費用は、利回りを追求し家賃の逆算から算出します。例えば「利回り15%で家賃¥50,000」を設定すれば、その条件に合うようにリフォーム費用を調整するのです。その¥50,000が適正であるかは、事前調査で物件のエリアデータを分析し地域の相場家賃を把握しているので、間違いございません。


入居者の為のリフォームとは、たとえ収益物件にしても入居者がつかなければ意味がありません。当会のリフォームは、入居者の満足を追及したリフォームです。古さを生かし「塗装」をメインとした独創的な空間を演出します。入居者は、「マンションより広くて出来れば家賃も安く・・・」のような期待を持って、古家を探される方が多くいらっしゃいます。その期待に加えて、独創的な古家空間を体験されたら「古い家でもこんなにオシャレなんだ」と、入居者様の気持ちが満たされます。


売買不動産業者や賃貸不動産業者との信頼関係を築き、全国の業者から築古不動産の情報が当会に集まります。また、一般社団法人としても多方面から築古不動産の相談や情報も入るようになりました。それらの経験を経て現在では、築古不動産の情報を豊富に入手する仕組みがあります。


実績で言うと1ヶ月から3か月です。長くても半年くらいです。早い場合は1週間と言うケースもあります。


戸建の場合、一度入ると入居期間が長い傾向にあります。平均5年から10年それ以上になります。その間、管理を外部委託した場合家賃の約5%の費用と設備や家屋の修繕費がかかります。


調査し投資物件としての価値があるのかどうかで決まります。傷み具合というよりそれを修理する為の費用がどれくらいかかるかの問題になります。


出来れば最初の購入物件は現金で、その後に融資をからめて行く方がいいですが、個人の属性により最初から融資を受けることも可能です。女性の派遣社員の方でも融資を受けられた実績があります。それぞれの個人と物件の属性でより安全な方法をご提示いたします。


【300万円~400万円】
この価格帯で、家賃が4万円~5万円になり表面利回り利回り15%になります。 この層が一番当会では資産価値が出る価格帯とみております。


近隣賃貸不動産業者との連携で優先案内してもらう為のさまざま施策を取ります。具体的には家賃・入居条件・設備など総合的に差別化し、入居者・賃貸業者にとって喜ばれる物件づくりをします。


まずは、当会の一般(無料)会員にご入会くださいませ。定期的な優良物件の情報を配信致しております。


一般的に物件購入は現金取引ですが、物件によりましては融資を受けて決済する場合もあります。(物件の状況により決済資金の内容は変わります)

これからの時代の新しい投資。
空家再生投資を始めませんか。

経験、専門プランナーの持つ知恵を最大限に活用し、古家(空き家)物件活用、収益モデルの作成をお手伝い致します。サポートは現地調査同行から、収益モデルのご提案、リフォーム・リノベーション時には、古家物件活用専門業者・専門家のご紹介、借主の斡旋まで、当社が責任を持ってお手伝い致します」。
 
 

空き家投資のサポート内容

  •  築古(築40年以上)の小さな(20坪以下)再生建築不可物件の再生
  •  物件のエリアデータを分析し、適正リフォーム、適正家賃のご提案
  •  相続、運用、税金など、法律的なご相談への対応
  •  低価格での古家再生専門業者・専門家の斡旋
空き家物件 相続物件活用を変える3つの選択 | 空き家買取 相続物件買取の和工房

「空き家」を変える3つの選択

1

購入(Buy)

古家(空き家)のご購入をご検討中の方はこちらをご参照ください。
古家(空き家)再生投資は、少額で始められるのが特徴です。また、投資効率も良く、安全性の高い資産運用が可能なので、初めて不動産投資をされる方の敷居も低く、とても注目を集めています。

2

活用(Use)

所有している古家(空き家)をご活用したい方はこちらをご参照ください。
今ある物件の活用方法が分からない、、手持ちの物件を放置したまま、維持費ばかりかかってしまう、、相続したが、どうしたら良いのか分からない、、など活用方法について詳しくご説明致します。

3

勉強(Learn)

古家(空き家)再生投資について詳しく学びたい方はこちらをご参照ください。
住宅の除却・減却などが進まない場合、2033年には空き家が2,000万戸超になると予想されます。今の時代だから最大限に活用できる古家再生投資の知識を身につけ、これからを生き抜く為の資産運用スキルを身につけましょう。

「購入」から「賃料発生」までの流れ

 

01

毎月1度開催の古家(空き家)不動産投資ツアーへの参加。基礎知識を得た上での空き家物件購入へ進みます。

02

弊社が用意した古家(空き家)物件を実際にご覧いただき、基礎知識を得た上で購入意思があれば、物件購入に進みます。買付~各種契約書の書類作成など相談員が丁寧にサポート致します。

03

売買契約が成立し無事物件購入が完了したら、古家(空き家)リフォームノウハウを活かして入居者が付く物件にリフォーム致します。また、築古物件に強い管理会社もご紹介致しますので安心して進められます。

04

入居希望者と賃貸借契約を結んだら、晴れて収益物件としてスタート致します。毎月賃料をいただき大家業として物件を維持する方法も良し。収益物件を売却することも可能です。専門のプランナーがアフターフォローもしっかりさせていただきます。